横歩きする未来の車、トラさん風に

「恩に着るから。なっ、さくら、金を上野の呑み屋に届けてくれ、未来の車で

こんな時間によくそんな夢語れるわね、無銭飲食なんて、呆れてモノも言えないわ。

 

「そう怒んなよ、もうしない、二度と、こういうこと。未来の車なら、狭い呑み屋町でも、横歩きして入ってこれるだろう?」

今まで何べんその夢語ったと思うの、もう甘やかさないから。

 

「あ、そうか、じゃ、俺の未来の車がどうなってもいいんだ、ねっ、分かった!」

そんなこと言ってないじゃないの!

ガチャ。ちょっと、あっ、切っちゃった。

 

 

横歩きする未来の車

 

 

トラさんったら、いくらお酒の上の空想話だからって、

前後に走ることに飽き足らず、左右に動くだなんて、未来の車の飛躍もいいとこ。

 

一体、どうしたらタイヤが横を向くの?

ステアリングを切る角度に限度があるとか、横に動く全方位タイヤを作るにはコストがかかり過ぎるとか、

そんな専門的な話は置いておき、トラさんちゃんと帰ってこれるかしら、また変装でもして戻ってくるかな。

 

助っ人来たらず、か。

いーか、よく聞くんだぞ、エビの前後運動とカニの左右運動を合わせたら、無双の甲殻類になる。

生を受けた者、目標をそこに置くのが正しい進化だろう。

電気自動車とか燃料電池とか自動運転の派手な研究開発の前に、横歩きする車ができれば庶民は嬉しい、それこそ未来の車。


勘違いするなよ、俺は別に走行中に横動きをしろ、と言っている訳じゃない。

縦列駐車やパーキングの時だけ、ゆっくりなカニ歩きができればいい。

スーツケースと同じ動き方しかできない自動車は無機質、所詮は血が通っていないのか。

 

それを言っちゃおしまいよ。

タイヤが180度動くのが難しければ、アンダーボディとアッパーボディだけが90度回転すればいい。

製造コストが初期に高かったのはハイブリッドシステムも同じ。

まずは造って世に浸透させていけば5年10年でコストダウンは叶う。

 

古くからのテーマなのに、今の技術力をしても叶わない遠い夢。

いいや、先端技術を装ったほうが世間から「いいね」が貰えるし、金も稼げるから優先させるだけ。

結構毛だらけ猫灰だらけ!

地味な横歩きには投資したがらない、狭い呑み屋には未来の車は入ってこれない。やはり、助っ人来たらず、か。

 

 

横に動く車の例

 


でもトラさんは夜半にフラっと帰ってきた。

お金持っていないはずなのに、どこかの課長さんにでも奢ってもらったのかしら?

機嫌を損ねたらしく、翌朝にはもういつもの革トランクを片手に持って出ていこうとする。


「さくら、長い間世話になったな、旅にでるよ」

トラさん、どこ行くの?

「カニはいつも横歩きじゃなくて、縦に歩く種もいる、タラバガニとか。

何を言いたいかって、実は横歩きできる未来の車が走っている場所があるんじゃないかって。

旅立ってくるよ、そんな未来の車へ」


トラさんの空想って、もうどうしようもない。

どうしてそんな瘋癲なのかな、決まりきった現実にも筋があるのに


「達者でいてくれ、あばよ」

そして、トラさんが片手を上げる。

私の説得は聞いてくれないから、どこかのヒロインが偶然に店先に歩いてくることを願ってみる。

 

願ってみるけど、そんな瞬間の奇跡は起きるのかな、未来の車は横歩きするのかな、ドラマでもないのに。

 

「未来の車」という言葉自体が平成の死語に

消しゴムを摘む指に力を込め、僕はその文字をゴシゴシと消し始めた。
気付いてしまったのだ、「未来の車」という言葉自体が間違っている。


だって、未来では自動車も電車も飛行機も「未来の乗り物」という1つの言葉にまとめられる。
狭義の単語を使っていては、自分の限定的な視野を自白したことになる。

 

自動車に限定した話ではない、物事は皆、変わっていく。
陸・海・空だとか、水素・電気・ガソリンなどの概念がなくなった。
車輪・翼の有無ですらを意味を失い、シンプルに未来の乗り物にジャンル統合されるのが未来。

 

Moverなのだ、Mover。
人を移動させるものはMoverと呼ばれるだけで、
例えるのなら牛肉部位のように細部に至るまで各々の名付けがされる文化は失われる。
だから未来の乗り物なのであって、未来の車というと何だか時代錯誤甚だしい言葉になると気付いた。

 

 

 


前置きが長くなったが、未来の乗り物を考えると主流候補筆頭のライドシェアに考えが及ぶ。

 

いにしえでは大衆の移動は起点から終点へと直接に、各自でゆっくりだった、徒歩や馬の時代。

 

近代になると、移動人数の多い幹から幹へだけ、鉄道などで大量高速輸送を始めた。
でもまだそうした移動方法は値段が高く、大衆は点から点を続けていた。

 

現代では、点から幹へは各自で移動するものの、幹から幹へはバスや新幹線や飛行機に。
ハブ&スポークという輸送方法の浸透により、大衆は幹〜幹間の利便を得た。

 

次代はパーソナルモビリティ・プライベートジェットで、ほぼ全員が自分だけのスタートとゴールを高速移動かと
思っていたのだが、技術はそれに追いつくのだろうが、なんだか違う方向性が見えてきている。

 

パーソナルモビリティが嫌ったものは、団体行動する際の時間のロスと、他人との接点での不快適さ
完全個人単位になれば、時間ロスと不快適さはなくなる。


だが、自分のためだけにチャーターするのは更に金がかかる。

 

 

 

 

次世代のライドシェアはどうかというと、時間ロスが現状よりもずっと少なくなり、気にならないレベルに。
他人との面倒な接点も、同じく気にならないレベルまで減少する。


そして、何よりも、1人あたりに均すので、コストがかからない
夢の実現。技術の進歩とはそれほどすさまじい威力を発揮する。

 

そこまでくると、パーソナルモビリティにする必要性がなくなってくる。
ライドシェアなのに、パーソナルな空間を得ることができるのだ。


なんだか、ライドシェアという言葉も未来の死語になりそうな予感


未来の乗り物は、そうして快適で低コストな移動を現実のものとする。

じゃぁ、未来の車ってナニ? 存在価値あるの?


Moverの一種、ワニにおけるアリゲーター科カイマン属の亜種のように、
メガネカイマンか?クチビロカイマンか?ぐらいの差になるのだろう。


素人には違いがさっぱり分からない。
未来の車というビッグキーワードも墜ちたものよ・・・とボヤきたくなる。

 

 

 

 

「未来のMover」なのか。でもMoverはも今後ずっとMoverであり続ける気もする。
Moverの技術的進歩はもちろんあるだろう、ドッグイヤーどころかマウスイヤーのスピードで。


今は未来のMoverをひと括りにしていても、その頃になれば
「Mover目 車輪科 4タイヤ属 SUV種」とでも細分化されるのだろうか。

 

だから未来のMoverに看板を書き換えようと思った。
でも、そんなライバル無数の市場で、浅学のわが身が勝ち残れるとも思えず、100位がせいぜい。

ニッチマーケット・狭い世界でブイブイ言わせたいのなら、未来の車のほうがSEO的に上位を狙える。


どこまでもお供しましょう、未来の車さま、平成の死語と嘲笑されても。

 

【総論】ローカル化<グローバル化、未来の車に大差はつかない

「未来の車を考えてくる、過去をさかのぼることで、現代と未来の車を知るのさ」

そう言って行き先も期間も告げずにフラリと出かけて行ったトラさん。

まるで昔の人情喜劇みたいだけど、ここは未来の自動車を連想していくマジメな場

 

最近はSNSが便利だから、トラさんが頻繁にアップするインスタグラムを見ればどこにいるか分かる。

隠したいのか目立ちたいのか分からないよ、追尾は簡単。

 

今回はアメリカ・ミシガン州のデトロイトへの旅みたい。

ヘンリーフォード博物館、物量圧倒時代の華」というキャプションに、

ありし日のビッグ3を懐古しては解説するトラさんを思い返していた。

 

 

 

 

よくこう言っていたわね。

「あの当時、アメリカさんの車作りの強さの根は、圧倒的物量・労働力だったわけさ。

その土俵に戦後のヨーロッパ車・日本車が台頭できたのは、物量がないが故に知恵を使ったことにある。

ヨーロッパではセンスを用いて車を美しく強くし、日本では知恵を絞って製造コストの低減や品質向上を磨いた。

そこに優位性を見出すしかなかった」


私もところどころで質問を入れて、トラさんの本意を伺ってみる。

「さすがは未来の車の探求者ね。それで、その物量の違いって、どのぐらいだったの?」

 

「うん十倍。色々なモノサシがあるのでひとつに数値化すると角が立つけど、

確実なのは数倍どころじゃなくて、うん十倍だってこと

戦国時代の白兵戦では、兵力差が1.5倍もあったら勝敗は明白だったんだよ。

プロ同士なら2人が3人に勝てるわけない。無勢で多勢に打ち勝つ幻想を見過ぎだったのが昔の日本人」

 

「それは当時の自動車勝負でもそうだったの?日本人も勝とうとしたの?」

「いいや、第2次世界大戦で負けた直後だから、さすがに知恵だけで物量差に勝てるとは思っていなかったはず。

そこから地味に知恵を築き上げていって、歳月をかけて日本ビッグ3の自動車メーカーの今がある」

 

「じゃぁ、現代ではその物量差にかわるものは何なの?何がトップを走らせているの?」

「良い質問だな、未来。それはね、グローバル化によって無力化された物量差ってことなんだよ」

トラさんはそう言って、机上のお茶のみに手を出した。台湾産の高山茶がお好みの彼。


「えっ?また物量差?何それ、違いがないじゃない」

「違いがあるんだな。戦前のアメリカは、物量のみならず文化や経済でも世界のトップを独走していた。

2位以下とは格段の差があった。それが現代では、グローバル化によって世界各地間の情報量の差がなくなり、

互いの文化が浸透し合い、極めつけはインターネットの普及によってどこにいても情報共有されるようになった。

アメリカが利便を認めて張り巡らせたインターネットが、皮肉にもアメリカ自身の独走を阻止した。

世界の標準が底上げされたんだ、だからもう独走時代ではなく、どの国もアメリカに追いついた」

 

 

 


なるほどね、そう言われれば分からないわけでもない、トラさんの発想は。

「それでも各国独自の文化って残るでしょう?それが未来の車の強さを左右することにはならないの?」

私も知りたかったから踏み込んで聞いてみた。

 

「あー、いいね、未来。大なり中なり各国のローカル化は個性を残すけど、

未来の車の出来を左右するほどの大きな差になり得ない。

それほどに、現代の自動車メーカー間ではベンチマークが徹底している。

これらは総論だけどね、総論。一歩踏み込めばこんな部分ではそんなことはない、っていう各論があるのも承知」


決まってトラさんは総論と各論を明確にした。

両者をごちゃまぜにして、ぼやっとした結論に導くのを善しとしない人だった。

今回のデトロイト訪問ではどんなアイディアを得て帰ってくるのかな。

そして、それが未来の車談義にどう活かされるか、興味を引かれていた。

 

純粋に、未来の車に興味がある。単純に、自動車の設計に未来を見ていたいんだ、彼は。

こうしてブログに「未来の車 トラじろう」を書き残すのも、彼の特有な空想に一条の光があると信じているから。

この雑文を読んでくださるあなたに、ミクロレベルでもいいから、ナナメ横の角度からのヒントを与えてあげたいから


「グローバル化が進み、物量差がつきにくくなると、違う価値観・能力が未来の車を先駆するようになる。

僕の感性で言わせてもらうと、.茵璽蹈奪兩におけるセンス ▲▲献∪における勤勉さ だ。

我がままな決め付けだけど、意見ははっきりと述べないとね」

「おおまかなイメージは分かるよ。総論では誰も否定できないじゃない」

 

 

 


「ありがとう、未来。もう1つ、不明なのは中国・インドという国のこと。

あそこは、アメリカ級の物量差とアジアの勤勉さを両翼として、まさかのビッグバンを起こすかもしれない。

素敵な意味で不気味な存在・・・」

 

「人件費の安さもあるし?」

「今はそうだね。まぁ、グローバル化の進捗次第でいつかは中国・インドだって人件費の底上げがされるだろうから、

あまりそれは考慮に入れていない。いずれにしても両国の進化はこれまでの先進国への脅威だよ。

台風の目、番狂わせ。まぁ、いくら中国・インドだろうと、世界中の富はもう独占できないグローバル化真っ只中だけど」

 

トラさんの言った「世界の富はもう独占できない」が心に残った。

中世のヨーロッパ、近代のアメリカ、オイルマネーで潤った中東だってシェールガス・脱原油という難敵が出たし、

人件費で世界の工場と呼ばれた中国も、永続できないのは目に見えている。


そんなことを妄想していたら、トラさんの帰国してくる日が近くなった。

フーテンを気取る彼でも、今では航空会社の予約番号さえあればフライトスケジュールを覗くなんて朝飯前。

未来の車と同じね、未来の車トラじろうは、もう不透明な旅人じゃいられないってこと。


デトロイトから帰ってきたトラさんは「どうだ突然帰ってきて驚いただろう?」という表情を見せたけど、

「良かった、デルタ275便はオンタイムで到着したでしょ、雷雨の影響でディレイしないか心配したわ」

という私の先制攻撃に撃沈していた。

それでも殊勲な心がけで「過去から現代の動きが整理された、今が未来の車の再スタートだ!」と力強く総括した彼。

お土産のメープルシロップ(カナダの国境も越えたの?!)を渡してくれながら、あれこれと語ってくれた。

 

細部は全然分からなかったけど、推測すると、こんな感じだろうか。

 

・ローカル化 < グローバル化 なので、太古のように大差はつかない

・規模がモノを言いそうだが、昔のようにそれが決定打にはならない
・次にどんな新種類の未来の車アイディアを打ち出し、実現化するかが勝負

 


自動車誕生から250年が経とうとする今、第2のスタートラインが各社の目前に引かれ直されたってことね。

ファッションショーのように濃いセンスで群衆をひっぱるのではなく、実現できそうな3年先の車を出し合って、

様子を見ながら進めていく未来の車、そこに大きな楽しみはなく、英雄もヒロインもいない。地味な競争あるのみだ。


自動運転技術やオンラインでつながる車が話題になる都市部がある一方、

陸地面積の大半を占めるのは車を日常の足として多用することに変わりがない田舎。

それらの多数を、経済規模の大半を握って主導する未来の車はどう誕生していくの?

 

着実な踏み込みで加速していく未来の車を見たい、だからここに空想物語を連ねていくわ。